歯周病に抗生物質は効くの?

歯周病に抗生物質は効くの?
はい効きます!
ただ、抗生物質は効果はありますが、残念なことに歯周病を完治させるものではありません。
抗生物質を使用するのは、歯周病の症状が強く現れたとき(腫れたり痛んだりしたとき)時に使用します。


歯周病菌は、集団で歯の根の周りにバイオフィルムという膜を張って潜んでいます。たとえるならラップにくるまれた様になっています。

歯周病菌は、集団で歯の根の周りにバイオフィルムという膜を張って潜んでいます。たとえるならラップにくるまれた様になっています。

抗生物質ではその膜を壊す力は弱く、歯の根の周りに行き届きにくいのです。したがって、抗生物質を使ったからといって、結核や肺炎などの感染症を完治する様な効果は期待出来ません。

歯周病菌がいるバイオフィルムは、歯ブラシや歯石をとる専用の器具などでこそぎとる必要があります。残念な事に、うがいや口を濯いだだけでは取れません。

このバイオフィルムを綺麗に取り除くには、専門トレーニングうけた歯科衛生士の診療が重要です。定期的に、歯周ポケットなどを中心に、歯石や歯垢のクリーニングを受診される事をオススメします。

医療監修:若林健史

用語解説「バイオフィルム」

微生物により形成される構造体。

身近な例としては、歯垢や台所のヌメリなどがある。自然界にも広く存在し、基質と水があれば、あらゆる場所に存在する。

wikipedia「バイオフィルム」より抜粋

用語解説「抗生物質」

「微生物が産生し、ほかの微生物の発育を阻害する物質」と定義される。広義には、「微生物が産生」したものを化学修飾したり人工的に合成された抗菌剤、腫瘍細胞のような「ほかの微生物」以外の細胞の増殖や機能を阻害する物質を含めることもある[1]。通俗的に抗ウイルス薬と混同されることもあるが誤りである。

wikipedia「抗生物質」より抜粋

※)若林歯科医院では、日本歯周病学会及び日本臨床歯周病学会の認定衛生士を含む5名の歯科衛生士が在籍しておりますので、クリーニングなどお気軽にご相談いただければと思います。