入れ歯で噛める喜びを

入れ歯で噛むことを諦めてしまっているあなたへ

「入れ歯は噛めないもの。だから我慢するしか無い。」
そう諦めてしまっている方が多いのではないでしょうか。

それもそのはずです。
入れ歯の作製は難しく、インプラントによる治療のほうが余程簡単だからです。

入れ歯の制作が難しいことによって、入れ歯を扱うクリニックが少なくなって来ていることも事実です。

でも諦めてはいけません。
噛むことは、食事を楽しむ重要な要素であり、豊かな生活を送るためにはなくてはならない行為です。

入れ歯が噛めなくて困られていたら、当院へご相談にいらしてください。良い解決策が見つかるかもしれません。

入れ歯の写真

噛める入れ歯を作るために意識していること

入れ歯を種類で決めない、ご要望を伺う

当院が大切にしている入れ歯の考え方は、「入れ歯の種類で決めるものではない」ということです。

ノンクラスプ、金属床など様々な入れ歯の種類があります。
ここで大切なのは、「患者さんが入れ歯に求めることはなにか?」ということです。入れ歯の目的が機能回復なので、噛めないと困りますね。

その上で、審美面も考慮してほしい、高い固定感がほしい、なるべく自分の歯を残したいなど、ご要望をお伺いしながら、その目的を達成するためにどの種類の入れ歯を選択すればよいかを考える必要があります。

検査結果を話す院長

修理しながらできるだけ長く使える入れ歯

入れ歯で大切になるのは、修理しながらできるだけ長く使用できるようにすることです。

入れ歯ではリラインやリベースといった、入れ歯を修理する方法があります。一度作った入れ歯で、できる限り機能を維持できるようにすることが目的です。

そのためには、入れ歯の設計が重要です。
型取り、分析に時間をかけ、長い時間使用することを想定して、入れ歯製作を行います。

リラインしている写真

入れ歯の専門医との連携

当院では、よりクオリティが高い入れ歯を求めている方に対しては、入れ歯専門の歯科医師に依頼して作製してもらっています。

依頼する先生は、松丸悠一さんです。
入れ歯専門の歯科医師であり、義歯の可能性を最大化するためにチャレンジをしている先生です。

歯周病専門としての知識や経験と、入れ歯の専門としての知識や経験を相乗効果として、患者さんに満足していただける入れ歯をご提供することができています。

入れ歯専門歯科医師 松丸悠一先生