”痛みの少ない”虫歯治療

精度の高い診察から痛みの少ない歯科治療

歯周病専門医若林歯科医院(以下:当医院)の治療方針はとにかく「痛みを抑える」「痛みの少ない」虫歯治療を行うことです。 多くの方が、虫歯の治療と聞くと「痛み」を連想してしまいます。

当医院では、痛みを抑えた歯科治療を実践しています。

今まで2次元のレントゲンにより診断していたものを、近年では歯科用CT(当医院にはCTとレントゲンの両方がございます)での3次元(立体)画像による格段に精度の高い診断が可能になりました。より安全で効果的な虫歯や歯周病の治療計画をお伝えして治療することが可能になりました。

正確な診断から効果的な治療計画をお伝えすることで、患者さんの歯科(虫歯)治療に関するストレスを減らしていきたいと考えております。

なぜ痛みの少ない治療が可能なのか?

昨今、治療時の「痛み」を管理することが歯科治療には必須といっても過言ではありません。つまり、歯科治療時に、麻酔をうつ、つまり注射針を刺す、この行為ですら、患者さんにとっては痛みであり、人によっては恐怖と感じている事は理解しています。

そこで、当医院では、麻酔注射をする際にでも、注射器注射針や注射液(麻酔薬)を事前に体温程度に暖めておきます。やはり、冷たい治療機器が触れると、それだけで緊張すると思います。実際に注射する際にも、患者さんの呼吸のタイミングに合わせて注射針を刺して、麻酔を注入します。

さらに、歯科治療を怖がるあまりにパニックになる方や、嘔吐反射といって、口に何かがはいると「オエッ」となってしまう方などは、麻酔による治療を行いますので、全く痛みを感じずに治療が終わります。

あとは、歯科治療自体がトラウマの方でも、近年、歯科治療の技術は目に見えて向上しています。痛みを軽減する技術やさまざまな治療器具も開発されていますので、今までのように、「歯医者さん、イコール痛みの治療」ではなくなってきています。

痛みの少ない歯科治療として麻酔を使用しておりますが、麻酔が切れてくるタイミングで、治療部分が痛いと感じる事があります。この場合、痛みを抑える鎮痛剤を処方する場合もあります。

なるべく自分の歯を残す治療

なるべく歯を削らない。

歯の表面が白くなったり、溝が黒くなり始めた、つまり、エナメル質が溶け始めた状態が初期虫歯です。この段階では、歯を削るよりもフッ素を塗布する事で虫歯を元に戻す再石灰化ができます。特に、乳歯やはえ立ての永久歯はフッ素を取り込む力が強いので効果的です。

ポイント)歯は一度削ってしまうと2度と元に戻りません。なので、初期虫歯かどうかの判断は、その歯の寿命を決めてしまいますので慎重な診察が重要です。

初期虫歯かどうかの判断には虫歯の深さを測ります。 これにより、今までは歯科医師の経験に頼っていた削らなくてよい虫歯なのか、削らなくてはならない進行した虫歯なのかの判断が正確にできます。

なるべく神経を抜かない。

なるべく歯を残す為に、可能な限り歯の神経を残す治療しています。ご存じかと思いますが、歯が痛いからと言って歯の神経を抜いてしまうと、歯が変色いたします。

また、ふたたび虫歯になるリスクが高くなります。しかも、歯の神経を抜いてしまいますと、歯そのものの寿命が短くなってしまいます。

当医院では、なるべく歯の神経を温存して、ご自身の歯で生活できる時間を長くしたいと考えております。

近年の歯科技術による治療

近年の接着技術の進歩により、 歯を削る量は最小限にとどめられるようになりました。

同時に、大きく欠損した歯の修復には、見た目が自然で、噛み心地に優れ、生体親和性の高い材料を使うことで、生体に優しい治療が可能となりました。 どうしても、自分の歯が限界な場合の差し歯にする治療でも、白い歯にできるハイブリットレジンという素材を使った治療が可能です。

小さな虫歯の場合は、コンポジットレジンという素材をつかって見た目を自然な感じに仕上げる事が可能になりました。

また、自費治療になりますが、差し歯やインプラントでも、セラミックを使う事で、透明感のある自然な歯になりますし、汚れがつきにくく口臭予防にも有効、また、経年劣化が少ないので、長期的なメリットのある素材も使用できます。

セラミックスインレー・セラミックスクラウンについて