歯周病治療について

硬質レジン冠や銀歯を長期間お使いの方に歯周病が増加しています。

虫歯や破折(歯が折れたり割れたりすること)などの治療の為、硬質レジン冠や銀歯をお使いの方は多いと思いますが、昨今、これらを長期間使用した周辺が歯肉炎など歯周病になっているケースを見かけます。歯周病は、ご存じのように痛みもないので知らない間に進行してしまいます。

特に長期間「銀歯」を使用していますと、銀歯と歯茎の隙間ができましてその部分が歯周病になっているケースや金属が溶け出して変色している場合があります。

セラミックスクラウンやインレーですと、型どり精度の高さや素材の特性からこういった問題がほとんどおきません。

※当医院では、オールセラミックスではなくジルコニアセラミックスを使用します。

セラミックスインレー・セラミックスクラウンについて

歯周病とは

歯周病とは、歯茎や歯を支える骨(歯槽骨)が壊される病気です。
治療せずに放っておくと歯がぐらつき、最悪の場合、抜け落ちてしまいます。

歯周病は軽視されがちですが、非常に怖い病気です。
いわゆる全身疾患につながる可能性が非常に高く、放置することは非常に危険です。
そのような恐ろしい歯周病ですが、なんと30歳以上の日本人の約8割がかかっているという統計データもでております。

また歯周病はその病気自体の性質から、完治させることが非常に困難を極め、完治させるには、一定期間の継続した専門的な治療が必須です!

当医院は、数少ない歯周病治療の専門チームです!

  • 若林健史院長は、歯周病専門医であり、歯周病学会認定の指導医です。
  • 児玉加代子歯科衛生士は、日本歯周病学会の認定衛生士です。
  • CTスキャンなど歯周病治療に必要な高度歯科医療機器も充実しています。

歯周病の症状は??

初期は歯肉の赤み・歯茎の腫れ・歯茎からの出血が出始めます。
病気が進むにつれて症状は変化していきますが、中期には口臭や歯肉のかゆみが出始め、唾液がネバつきます。
後期には歯が動き歯肉が異常なほど退縮し、歯が抜け落ちることもあります。
ほとんどの歯周病は急速に症状の進行が進むわけではなく、進行自体はゆっくりとしているため、ほとんどの方が歯周病であることに気付くことなく症状が進行してしまいます。

歯周病の特徴

歯周病の大きな特徴の一つとして、かなり病状が進行しても自覚するケースが少ないことが挙げられます。
歯が動いたり歯肉が異常に腫れたりしはじめて、歯周病に気付く方がほとんどです。
しかも上で述べたとおり、歯周病は30代以上の日本人の8割以上が疾患しているといわれています。
まさに細菌感染の映画のごとく、ゆっくりと魔の手は忍び寄ってきているのです。


歯周病治療の治療前と治療後、治療後は厚労省ガイドラインに沿って削除しました。

歯周病の検査

病気を治療するに際して、その病気がどの程度進行しているかを調べる「検査」を行う必要があります。

それは病気の進行度(程度)を調べることにより、治療法や治療回数などたくさんの情報を得ることができるからです。

歯周病も同様で、細かい検査をすることで歯周病の進行度を「診断」する必要があります。

歯周病の進行を知るための検査法

プロービング検査

まず細い器具(プローブ)を歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)に差し込む検査(プロービング)を行います。
プロービングにより歯周ポケットがどの程度深くなっているのか、歯周ポケットから出血や膿が出てこないかなどを調べます。
プロービングは20gぐらいの力(指先に検査器具を軽く押し当てて爪が白くなる程度の力)で測ります。
健康な歯茎だと深くても3mm程度です。

X線検査方法

X線検査をして骨が溶けていないか、溶けているならどの程度なのかを調べます。
X線検査は通常小さなX線フィルムを10〜14枚程度撮影します。

動揺度の検査

歯周病によりどの程度歯が動いているかを調べる検査です。

かみ合わせの検査

バランスよく噛み合っているか、歯ぎしりや食いしばり等の害がないか等を調べます。

歯周病の基本治療

歯周病の治療は、歯磨きに始まり歯磨きに終わるといっても過言ではありません。
歯磨きだけで治る軽度の歯周病もあります。
しかし、歯周ポケットが5mm、6mmと深くなってくると歯磨きだけでは治りません。
そのような歯周病の治療は歯周病基本治療と呼ばれている処置から始めます。

(1)歯周病を治すためのプラークコントロール

家庭で行うプラークコントロール(ホームケア)

歯周病は歯を支えている骨が破壊される病気です。
原因は歯周ポケットの中や周囲に住みつく歯周病菌の集団(細菌性プラーク)です。
治療は細菌をできるだけ排除し、ふたたび歯周病菌がそこに住まないような環境を作り、維持していきます。
つまりブラッシングが大切です。
歯周病治療のためのプラークコントロールは、例えるなら毎日暮れの大掃除ぐらいしっかりした歯磨きが必要です。

患者さんに改善していただきたい生活習慣

  1. 三度の食事以外の飲食を極力少なくし、規則的な食生活を送るようにすること。
  2. よく噛んで唾液がたくさん出るようにすること。
  3. 規則正しい睡眠を心がけること。
  4. 虫歯予防のために有効なフッ素を使用すること。

診療室で行うプラークコントロール(オフィスケア、プロフェッショナルケア)

定期的に歯科医院へ通って管理している人とそうでない人では、将来歯を失う比率に大きな差があることがわかっています。
歯科医院で行うケアを、オフィスケアまたはプロフェッショナルケアといいます。

オフィスケア、プロフェッショナルケアってどういうことをするの?

ホームケアでは落としきれない頑固な汚れや、バイオフィルム(細胞の集団がたまった膜)を特殊な機械で徹底的に除去します。

  1. 下顎の前歯の裏側など歯石がつきやすい部位や、細菌のたまり場となりやすい修復物の周囲などの管理。
  2. 家庭で除去できなかったプラークの停滞部位を見つけ、清掃指導を行う。
  3. むし歯予防のため高濃度フッ素の塗布。
  4. 家庭での低濃度フッ素のしようと組み合わせることがより効果的。
  5. 身体の健康も保たれているか、成人病などの持病があればその疾患の程度はどうかなどの問診も行う。

その他

服用しているお薬に変化がないかも問診します。心療内科で精神安定剤などの処方を受けると、副作用で唾液が出にくくなります。これは虫歯や歯周病の危険度が増します。
さらにご家庭のご不幸など、精神的なストレスは歯周病を進行させます。医院とご家庭の信頼関係を深め、多方面から管理致します。

(2)スケーリング・ルートプレーニング

スケーリング・ルートプレーニングとは、歯周ポケットの中に歯ブラシは届かない部分へ、専用の器具によって歯石やプラークを取り除き、歯の根を滑沢なつるつるの面に仕上げる処置のことをいいます。

スケーリング・ルートプレーニングの手順

歯周ポケット内の歯の根には、細菌性プラークだけでなく「歯石」もこびりついています。
したがって、やわらかい細菌性プラークや食べかすなどは歯ブラシで磨けば取り除けますが、歯石や歯ブラシや爪楊枝では取れません。

歯石とは?

細菌や細菌と戦った白血球の死骸が、唾液や血液中のリン酸やカルシウムと混ざって歯の根の表面に硬く石灰化してこびりつきます。
歯石を顕微鏡で見ると、非常に細かい小さな空洞のある軽石状になっています。
歯石の空洞は細菌にとっては非常にありがたい「たまり場」となります。
また、表面が軽石状ですから食べかすやプラークがたまりやすいので、細菌にとっては願ってもないえさ場となり、雪だるま式に増えていきます。
軽石状でできているとはいっても歯石が歯にこびり付く力は強く、ダイヤモンド、オパールの次くらいに硬くこびりついていると言われています。

(3)咬合調整

咬合調整とは、

1 咬合性外傷によって、歯周病の症状を悪化させている場合

歯のかみ合わせ面を少し削ったり、修復材料を足したりしてバランスの悪いかみ合わせの調整を行うことをいいます。

2 睡眠時などの無意識下での歯ぎしりや食いしばりがある場合

ナイトガードというプラスチックのマウスピースを作成し調整します。
夜間について、過剰なかむ力から歯や歯周組織を保護します。

(4)暫間固定(ざんかんこてい)

暫間固定とは、歯の動揺度(ぐらぐら動く度合い)が強くなり、日常の食事などにも耐えられないような場合
周囲の歯と固定をします。固定をすることで歯周組織に安静を与えます。

(5)矯正治療

矯正治療とは、歯が抜けたまま放置したり、歯周病の進行により歯が病的に動いてしまった場合
歯の矯正治療を用いて、歯を適切な位置に戻します。矯正治療は歯周病の症状が強いときはより慎重に行います。

歯周外科治療

歯周病治療の結果、さらに歯周病の治療が必要とされた場合、歯周病外科へ移行することがあります。
歯周外科処置は歯周組織再生療法と切除的外科療法、また歯肉の抵抗力を増やしたり、審美的な改善を行う歯周形成外科手術があります。
いずれにせよ外科処置は専門医の受診をおすすめします。

※外科処置と聞くと専門病院に入院するのかと考えられるかもしれませんが、ほとんどの症例は開業医の外来で対応できます。

(1)歯周組織再生療法

重度の歯周病による歯周炎で、骨が溶けてしまった場合、治療の主流は、骨や歯周組織の再生療法となります。「エムドゲイン法」「GTR法」の2種類があります。

若林歯科医院では、エムドゲイン法を取り入れております。自費治療になりますが、歯科手術の負担が少なく、回復に安定性があります。

こういった再生療法ですが、重要なポイントとして、セルフケアによるプラークコントロール、つまり、継続して、正しい歯磨きがしっかりとできる事が前提になります。それができていないと、せっかく手術を受けても歯周病が再発する可能性があります。ですので、術後も定期的に、専門医による診断とデンタルクリーニングが重要となります。

歯周外科による再生療法は、どこの歯科医院でも受けられますが、実際には、歯周病学会の認める歯周病専門医で、なおかつ、こういった歯周病の再生療法や歯周外科に対応している歯科医院を見つけることが重要です。(各歯科医院さんのサイトの治療内容に記載されているケースが多いので、見つけられると思います)

歯周組織の再生は、患者さんだけではなく医療者側も最も期待したい治り方ですが、現時点では必ず顕著に改善できるとは限りません。歯科医の手術テクニックも再生に影響を与えます。また骨のなくなり方の審査や歯周基本治療での改善状況、患者さんの健康状態や生活習慣などから総合的に判断する必要があります。術前にしっかりと相談することが大切です。

若林歯科医院は、歯周病専門医(若林院長は、歯周病指導医でもあります)による歯周病の再生療法・歯周外科に対応しております。歯周病学会認定の歯科衛生士が常時在籍しておりますので、治療中や術後のクリーニングにも対応しております。歯周病治療専門の歯科医院として歯周外科専門のオペ室もございますので、重度の歯周病・歯周炎でお悩みの方は、若林歯科医院にご相談ください。

(2)切除的外科療法

歯周病治療の目標の一つに、歯を支えている歯槽骨をなるべく平坦にするということがあります。
症例が歯周組織再生療法に適しておらず、切除的外科療法の方が適しているときに行われる手術をいいます。
手術は通常1時間から1時間半程で終了します。
歯周外科処置の中では頻度の高い手術といえます。

※歯周病は歯を支えている歯槽骨を破壊しますが、その結果骨がでこぼこになったり、骨に穴があいたり異常な形態になることが多いので、骨の整形が必要になります。

(3)歯周形成外科手術

歯周形成外科手術とは歯ぐきが退縮したり、やせたりした所に上顎の内側から歯肉の一部をそぎとり、移植する方法などです。
歯周組織の抵抗力をます術といえます。