予防歯科

予防治療とは

長期的に負担を減らすのが予防治療

予防治療とは、「歯が痛い」「冷たいものがしみる」というような症状が発生する前に、 そういったお口のトラブルの原因を作らいないように予防することです。 お口のトラブルが発生してしまうと、治療に時間がかかってしまったり、 場合によっては神経を抜いてしまったりと、時間も体力的にも非常に負担がかかってしまいます。 そんな状態に陥らないために予防歯科はあります。

自分だけでは、全て磨ききれない部分があります。

日常的に歯磨きをしていても、しっかりと磨けていない。 また、どうしても自分では磨き切れない部分があります。 そういったために、医院の予防治療を利用いただいています。 たとえば歯磨きの方法を衛生士よりチェックさせていただきます。 そして、正しい磨き方をお教えすることで、普段の歯磨きがより効果的なケアとなります。 その他にはクリーニングです。 歯石などの通常の自分で行う歯磨きでは落とせない汚れを除去することで虫歯の予防を行うことができます。 単に汚れを落とすだけでなく、歯の強化・黄ばみなどの着色を落として、 白い歯を取り戻すことができるなどの効果があります。

予防治療の重要性

口腔内でトラブルが発生した際、歯や歯肉は少なからずダメージを受け、治療したとしても完全に元には戻りません。
また、治療後のメンテナンスを怠ると、再発やほかの病気になるおそれもあります。
虫歯や歯周病などになり最終的に大切な歯を失うことがないよう、日ごろからお口への関心を高め、しっかりと予防・メンテナンスを継続しましょう。
患者様のお口のトラブルを未然に防ぐために、ぜひ当院をご活用ください。
1〜6カ月ごとの定期検診をお勧めし、お口の健康維持をサポートします。まずはお気軽にご相談ください。

予防・メンテナンス方法

PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)

歯周治療や虫歯治療が終わってもそこが、治療の終わりではありません。
歯周治療や虫歯治療が終わってもそこが、治療の終わりではなく、そこから「メンテナンス」のスタートになるのです。
これは「管理する」という意味です。歯周病治療によって歯周病菌が軽減しても、残った歯周病菌は次のチャンスを狙っています。
患者さんのプラークコントロールが悪くなったり、全身の抵抗力が落ちてしまうと、歯周病菌にとってはチャンスとなります。
それは歯周病治療後に残った歯周ポケットが深ければ深いほど、また喫煙や全身疾患などのリスクファクターを抱えていればいるほど再発の危険度が増します。

プロに定期的に磨いてもらうことも重要です。
メインテナンスで歯周組織の健康が保たれているか、プラークコントロールが上手に行われているか、全身の健康状態はどうかなどをチェックし、歯科衛生士によるPMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)を 定期的に受けることが重要です。

ブラッシング

毎日のブラッシングで、きちんと磨けているという自信はありますか?
正しいブラッシング方法は年齢や歯並びによって人それぞれ異なります。
医師や歯科衛生士からブラッシング指導を受けましょう。
正しいブラッシング方法を身に付けることは、虫歯・歯周病予防に重要です。

定期健診

当院では、患者様に健康な歯と歯肉を維持していただくために、定期検診を行っています。
患者様に予防歯科についてご理解いただき、定期的なメンテナンスを継続していただくことは、歯周病・虫歯予防に非常に効果的です。
目安として、1ヶ月〜6ヶ月おきの定期検診をお勧めしています。