若林歯科医院へのお問い合わせ:03-5794-0648

歯周病専門医が回答する「歯周病Q&A」

歯周病専門医若林歯科医院
若林歯科医院へのお問い合わせ:03-5794-0648

歯周病専門医が回答する「歯周病Q&A」

歯周病はうつる病気ですか??
はい。うつる病気です。
歯周病菌は人から人へ接触感染していきます。親子、夫婦でも感染します。
口移しの食事やスプーン等の共用、キスなどで感染します。

>>詳しくは(続きを読む)

いつ頃から歯周病菌は住み着くのですか?どこから来るのですか?また、歯周病の感染リスクは、どんな状態で高くなりますか?
歯周病菌が住み着くのは、早ければ生後6ヶ月の乳歯がはえた時からです。もし、両親特に母親が歯周病にかかっていたり、歯周病菌を持っていたりすると、その子供はうまれてから食生活が確立する頃には歯周病菌に感染することになります。

>>詳しくは(続きを読む)

歯周病に抗生物質は効くの?
はい効きます。ただ、抗生物質は効果はありますが、残念なことに歯周病を完治させるものではありません。抗生物質を使用するのは、歯周病の症状が強く現れたとき(腫れたり痛んだりしたとき)時に使用します。

>>詳しくは(続きを読む)

年をとると入れ歯になる人が多いのは加齢が原因ですか??
いいえ。歯がなくなるのは加齢だけが原因ではありません。歯がなくなる原因の多くは、1)歯周病、
2)虫歯、
3)歯根破折(はせつ)と呼ばれる歯の根っこが割れる、です。破折(はせつ)以外は、歯周病も虫歯も細菌感染症です。したがって細菌が少なく保たれていれば(歯周病菌や虫歯菌を完全になくすことは困難です。)歯はなくなりません。

>>詳しくは(続きを読む)

妊娠すると歯が悪くなると聞きますが・・?
「妊娠すると赤ちゃんに歯のカルシウムを取られるから歯が悪くなる。」といわれますが、
赤ちゃんに歯のカルシウムをとられることはありません。
妊娠中はつわりのため、ブラッシングが十分に行えないなどのほか、血液中の女性ホルモン(プロゲステロンとエストロゲン)が増加し、歯周病菌が増加して歯周病になりやすくなります。つまり歯周病が重症化しやすく、以前に歯周病にかかったことのある人は再発する危険性があります。

>>詳しくは(続きを読む)

口臭が気になるのです!
口臭がある場合、生理的口臭、飲食物・嗜好品による口臭、病的口臭、心因性の口臭とあります。この中で、特に周りの人に不快を与える口臭の多くは治療が必要な病的口臭です。病的口臭の9割は、口の中の汚れや病気が原因の歯科疾患といわれるものです。

>>詳しくは(続きを読む)

歯がしみるのは歯周病?
虫歯ではないのに歯がしみることがあります。これを知覚過敏症といいます。以前は力強い歯ブラシが歯を削り、そこから刺激が歯の神経に伝わりしみることが知覚過敏症と考えられてきました。しかし近年の研究で知覚過敏症は、歯ぎしりやくいしばりなど、歯や歯ぐきに過剰な力がかかることがその原因と考えられる様になりました。市販の歯磨きシュミテクト(当医院院長がCM出演しています)などの使用も有効です。

>>詳しくは(続きを読む)

歯周病の専門医や指導医といった名称がでてきますが、一般の歯医者さんとくらべて、どの様に違うのでしょうか?
まず、日本歯科医学会の中で、歯周病の専門分科会として「日本歯周病学会」というNPO法人があります。近接学術団体として、日本歯科医学会の認定分科会として、より臨床(歯科医療現場)にちかい環境での調査研究を行っている「日本臨床歯周病学会」というNPO法人もあります。これらの団体のなかで「高度な専門知識と技術をもった歯科医師の養成および歯科公衆衛生の向上を図るため」に制定されたのが歯周病認定医、専門医、指導医という制度です。

>>詳しくは(続きを読む)

近くの歯周病専門医や認定歯科衛生士をさがす!
お近くの専門医や専門の衛生士さんが在籍した歯科医院(歯医者)を探す場合、昨今ですと、インターネットでの検索という方法が一般的なのかも知れませんが、

>>詳しくは(続きを読む)

歯周病ケアを意識した歯ブラシのブラッシングの方法を教えてください。
歯周病ケアの歯ブラシの使い方、つまり、歯垢を除去する事を意識したブラッシングという事で回答いたします。ず、歯垢除去には植毛が密であるヘッドの歯ブラシを使用し、持ち手のグリップにも工夫がある歯ブラシが重要です。歯ブラシを持つ際に、ペンをもつ様にすると力が入らず、適度な調整ができ小回りがききます。

>>詳しくは(続きを読む)

最近、口が渇くのです。これはドライマウスでしょうか?虫歯や歯周病に影響しますか?
口が渇くのには、さまざまな要因があります。主な要因として、
1)かむ回数が少ない。かむ力が弱い。
2)緊張による心理的な要因。
3)口呼吸による渇き。ですが、他にも、シューグレン症候群、放射線治療による後遺症、服用している薬の影響、などがあります。

>>詳しくは(続きを読む)

bnr320x250_Aa2

 

 

>>ホワイトニングに関しますQ&Aはこちら

 歯科治療キーワード

セラミックスクラウン・インレー ホワイトニング-注意点 歯医者(歯科医院)について 歯周病-予防 歯周病-原因 歯周病-感染リスク 歯周病−口臭 歯周病−薬 歯周病ケア 歯周病専門医 歯周病治療 歯周病菌 無痛治療 虫歯-感染症 虫歯治療 認定歯科衛生士
お問合せ

PAGE TOP