歯周病をもつ関節痛患者はリスクが2.7倍(医療NEWSより)

logo_news京都大学は4月21日、歯周病の罹患が関節リウマチの発症に影響を与える可能性があることを示したと発表した。
 
(以下は記事より)
今回の発表は、2つの成果に関するもので、研究成果は、英文誌「Journal of Autoimmunity」電子版(3月26日付け)と、英文誌「PLOS ONE」電子版(4月7日付け)に、それぞれ掲載されている。
関節リウマチ患者の約8割の血液中には、抗シトルリン化蛋白抗体(抗CCP抗体)という、シトルリン化反応を経たタンパクを認識する抗体が検出されるが、この抗体はしばしば関節リウマチの発症に先立って検出されることが分かっている。
また、歯周病菌の一種であるポルフィロモナス・ジンジバリス菌(ポルフィロモナス菌)が、現在知られている中で唯一、シトルリン化を起こす酵素を産生する細菌であることが報告されていた。
(一部記事はここまで)
>> 詳細は「医療NEWS」のサイトへ
 
この記事にもありますように「歯周病」に罹患(病気にかかる)することで、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞だけではなく関節リウマチにも影響するようです。
是非、当歯科医院ような、専門医と歯周病学会認定の歯科衛生士が在籍している歯科医院をご活用ください。歯周病専門歯科医院での検査+クリーニングをしていただくだけでも、ご自身の口腔(口の中)の状況がわかっていいかと思います。