若林歯科医院へのお問い合わせ:03-5794-0648

なぜ虫歯になるのか?

歯周病専門医若林歯科医院
若林歯科医院へのお問い合わせ:03-5794-0648

なぜ虫歯になるのか?

虫歯になる原因

1.虫歯菌が多い

虫歯菌は、生まれたときから口の中に存在するものではありません。 ほとんどの人の場合、2歳までの間に周囲の人から伝染すると言われています。 よく言われる事例として、母親からのキスといった感染経路がありますね。 人が持っている虫歯菌の数は、人それぞれによって違いがあります。 持っている虫歯菌の数が多ければ多いほど、虫歯になりやすいと言われています。

2.砂糖やでんぷんなどの多い食品をよく食べる

ご飯やお菓子を食べた後、歯磨きをしっかり行っていますか? しっかり磨けているつもりでも、実は歯の溝や隙間には食べカスが残っている場合が多いのです。 それらを取り除かずに放っておくと、「歯垢」と呼ばれるものになります。 この「歯垢」が虫歯菌にとって一番住み心地がよく、この場所で歯を溶かす「酸」を生成し続けるのです。

3.歯磨きをあまりしない

虫歯の原因となるのは、言うまでもなく「虫歯菌」です。 虫歯菌が口内に発生するのは、食べ物を摂取する限り仕方のないことといえます。 また、人によって虫歯菌の多少が違うことも上記で説明したとおりです。 しかし、虫歯菌の生成を助ける「歯垢」を取り除くことで、虫歯になることを防げます。 その際に重要となってくるのが「歯磨き」です。 歯磨きを軽視する人が案外多いことに私たち歯科関係者は警鐘を鳴らしておりますが、 いくら医院で予防治療や最新の治療を受けたとしても、家庭でのケア(歯磨き)を怠ってしまっては意味がありません。 家庭での歯磨きを毎日徹底して行うことこそ、最大の虫歯予防と言っても過言ではないのです。

4.歯が弱い

上記のように、虫歯の予防には歯磨きが大事な役割を果たしているのは、紛れもない事実です。 しかしながら、同じように食事をし、同じように歯磨きをしていても、虫歯になる人とならない人がいます。 この違いはどこにあるのでしょうか? 答えは単純で、実は「唾液」が虫歯菌の活動を抑制し歯の健康を保ってくれているのです。 食事を摂取し虫歯菌が活動を始めると、口内が酸性に変化していきます。 アルカリ性もしくは中性で満たされている場合、歯には影響はほとんどありませんが、酸性の物質は歯にとって非常に大敵となってきます。 しかし、そこで登場するのが「唾液」です。 唾液は酸性を弱アルカリ性に戻す作用がありますので、唾液が分泌されると、口の中を弱アルカリ性に戻してくれ、結果として歯が溶かされるのを防いでくれます。 さらに大事な役割として、溶けだしてしまった歯の表面の「カルシウム」を一時的に補ってくれる役割までになっているのです。 「唾液」は意外と重要な役割を果たしているのです。

…虫歯治療について

 歯科治療キーワード

セラミックスクラウン・インレー ホワイトニング-注意点 歯医者(歯科医院)について 歯周病-予防 歯周病-原因 歯周病-感染リスク 歯周病−口臭 歯周病−薬 歯周病ケア 歯周病専門医 歯周病治療 歯周病菌 痛みを抑えた歯科治療 虫歯-感染症 虫歯治療 認定歯科衛生士
お問合せ

PAGE TOP