若林歯科医院へのお問い合わせ:03-5794-0648

痛くない「虫歯治療」

歯周病専門医若林歯科医院
若林歯科医院へのお問い合わせ:03-5794-0648

痛くない「虫歯治療」

1虫歯治療

▶精度の高い診察から痛くない治療
▶なるべく自分の歯を残す治療
▶近年の歯科技術による治療

 

硬質レジン冠や銀歯を長期間お使いの方に見えない虫歯が増加しています。

虫歯や破折(歯が折れたり割れたりすること)などの治療の為、硬質レジン冠や銀歯をお使いの方は多いと思いますが、昨今、これらを長期間使用した方で、硬質レジン冠や銀歯と歯の隙間が虫歯になっているケースを見かけます。

…セラミックスインレー・セラミックスクラウンについて

特に長期間「銀歯」を使用していますと、銀歯と歯の隙間が虫歯になっているケースだけではなく、金属が溶け出して歯茎が変色している場合があります。

セラミックスクラウンやインレーですと、型どり精度の高さや素材の特性からこういった問題がほとんどおきません。
※当医院では、オールセラミックスではなくジルコニアセラミックスを使用します。

精度の高い診察から痛くない治療

若林歯科医院(以下:当医院)の治療方針はとにかく「痛くない」虫歯治療を行うことです。 多くの方が、虫歯の治療と聞くと「痛み」を連想してしまいます。

当医院では、完璧な無痛治療を実践しています。

今まで2次元のレントゲンにより診断していたものを、近年では歯科用CT(当医院にはCTとレントゲンの両方がございます)での3次元(立体)画像による格段に精度の高い診断が可能になりました。より安全で効果的な虫歯や歯周病の治療計画をお伝えして治療することが可能になりました。

正確な診断から効果的な治療計画をお伝えすることで、患者さんの歯科(虫歯)治療に関するストレスを減らしていきたいと考えております。

…無痛治療についてのQ&A

 

なるべく自分の歯を残す治療

なるべく歯を削らない。

歯の表面が白くなったり、溝が黒くなり始めた、つまり、エナメル質が溶け始めた状態が初期虫歯です。この段階では、歯を削るよりもフッ素を塗布する事で虫歯を元に戻す再石灰化ができます。特に、乳歯やはえ立ての永久歯はフッ素を取り込む力が強いので効果的です。

ポイント)歯は一度削ってしまうと2度と元に戻りません。なので、初期虫歯かどうかの判断は、その歯の寿命を決めてしまいますので慎重な診察が重要です。

初期虫歯かどうかの判断には虫歯の深さを測ります。 これにより、今までは歯科医師の経験に頼っていた削らなくてよい虫歯なのか、削らなくてはならない進行した虫歯なのかの判断が正確にできます。

なるべく神経を抜かない。

なるべく歯を残す為に、可能な限り歯の神経を残す治療しています。ご存じかと思いますが、歯が痛いからと言って歯の神経を抜いてしまうと、歯が変色いたします。

また、ふたたび虫歯になるリスクが高くなります。しかも、歯の神経を抜いてしまいますと、歯そのものの寿命が短くなってしまいます。

当医院では、なるべく歯の神経を温存して、ご自身の歯で生活できる時間を長くしたいと考えております。

…なぜ虫歯になるのか?

 

近年の歯科技術による治療

近年の接着技術の進歩により、 歯を削る量は最小限にとどめられるようになりました。

同時に、大きく欠損した歯の修復には、見た目が自然で、噛み心地に優れ、生体親和性の高い材料を使うことで、生体に優しい治療が可能となりました。 どうしても、自分の歯が限界な場合の差し歯にする治療でも、白い歯にできるハイブリットレジンという素材を使った治療が可能です。

小さな虫歯の場合は、コンポジットレジンという素材をつかって見た目を自然な感じに仕上げる事が可能になりました。

また、自費治療になりますが、差し歯やインプラントでも、セラミックを使う事で、透明感のある自然な歯になりますし、汚れがつきにくく口臭予防にも有効、また、経年劣化が少ないので、長期的なメリットのある素材も使用できます。

…セラミックスインレー・セラミックスクラウンについて

 歯科治療キーワード

セラミックスクラウン・インレー ホワイトニング-注意点 歯医者(歯科医院)について 歯周病-予防 歯周病-原因 歯周病-感染リスク 歯周病−口臭 歯周病−薬 歯周病ケア 歯周病専門医 歯周病治療 歯周病菌 無痛治療 虫歯-感染症 虫歯治療 認定歯科衛生士
お問合せ

PAGE TOP