虫歯がある場合のホワイトニング

虫歯がありますが、ホワイトニングをしても大丈夫ですか?

虫歯がありますが、ホワイトニングをしても大丈夫ですか?

虫歯があるけれど、ホワイトニングをしても大丈夫ですか?これはお問い合わせでよく頂くご質問ですが、歯科医師としては「いいえ」とお答えします。

虫歯の程度によりますが、ご本人が虫歯と認識しているということは、しみる・痛いなどの症状を感じられていると思います。虫歯は治療を行わなければ進行を食い止めることができませんから、ホワイトニングよりも先に虫歯治療を行うことが重要です。

虫歯があるとホワイトニングジェルがしみる

わかりやすく例えると、傷口に薬品を塗布するときに痛みますよね。それと同じように虫歯によって歯が溶かされていて、歯髄(歯の神経)付近にまで進行している場合、ホワイトニングジェルがしみます。

場合によって知覚過敏を発症する場合がありますが、知覚過敏によって歯の神経にダメージを与えてしまうことにも繋がりますので、やはり虫歯治療を優先的に行う必要があります。

治療した歯との色調を合わせることも考える必要がある

ホワイトニングを行った後に虫歯治療をすると、詰め物や被せ物との色調が合わず、結果的にホワイトニングをやり直すケースも少なくありません。

また、詰め物や被せ物は人工物のため、ホワイトニングでは白くなりません。

したがって、虫歯治療を行い、詰め物・被せ物の色調を決定してからホワイトニングを行うほうが、患者さんの納得感や満足感が違うと思います。

当院ではホームホワイトニングを推奨しています。

オフィスホワイトニングよりも濃度が薄いホワイトニング剤を使用しますが、痛みやしみるといった症状が少なくじっくりと白くしていくため、効果もオフィスホワイトニングに比べてホームホワイトニングのほうが持続力があります。

ホワイトニングの効果を最大限感じていただくためにも虫歯治療をきちんと行い、ホームホワイトニングでじっくり白くすることで美しい口元を実現することができますよ。

医療監修:若林健史