セラミッククラウンとセラミックインレーの違い

セラミックスクラウンとセラミックスインレーとありますが、この違いはなんでしょうか?
クラウンとは被せ物のことで、インレーは詰め物の事です。どちらも素材は、高強度セラミックスと呼ばれるものです。セラミックといいますと陶器をイメージされると思いますか、原材料を焼いてつくる点は陶器と同じですが、一般的な陶器よりもはるかに強く、ステンレス鋼などよりも何倍も堅いという特長をもっています。


耐摩耗性(すり減りにくさ)や剛性(変形しにくさ)も金属より優れ、酸にも強く、長年使用しても変色しにくいという特長があります。

オールセラミックは、半透明の素材なので、人間の歯の質感と似ています。色味も多数あり、人それぞれの歯の色に合わせやすいのも特長です。さらに、セラミックは色味の微調整として焼き込む方法での着色も可能です。

セラミックのメリットは見た目だけではなく、有害な物質を含んでいないので長期間の使用にも安全です。また、表面がツルツルしているため、歯垢や歯石が付着しにくいというメリットがありますので、口臭や歯周病の発生を最大限に抑える事ができます。

セラミックのデメリットとしては、強い噛み合わせの力が加わると、欠けたり割れたりが発生するケースがあります。なので、歯ぎしりや食いしばりが強い方は、ジルコニアやメタルボンドというセラミックと金属を組み合わせた素材を検討してみる事も必用です。

医療監修:若林健史

※当医院では、オールセラミックスではなくジルコニアセラミックスを使用します。

※)若林歯科医院では、日本歯周病学会及び日本臨床歯周病学会の認定衛生士を含む5名の歯科衛生士が在籍しておりますので、クリーニングなどお気軽にご相談いただければと思います。